特許・商標申請サービスのご案内

ホーム > 特許・商標申請サービスのご案内 > お客様への3つのお約束

何のために出願・申請をなさろうとするのか、という原点を大切にします。

企業活動として生まれたアイデアやデザイン、ネーミングを、特許権、意匠権、商標権といった権利で保護しておけば、事業活動を有利に進めることができる場面が広がります。

しかし、特許権や意匠権を取得するにあたっては、原則、その内容が公開されますので、公開したくないものは、むやみに出願・申請すべきでない場合もあります。

また、取得にあたっては審査があるので、登録条件に合わないものを無理に出願・申請しても、費用と時間の無駄になります。

申請すべきものはお勧めいたしますし、そうすべきでないものであっても、単にNoをお伝えするだけでなく、事業活動にプラスとなるための代替方法をできるかぎりご提案いたします。

お客様の目的を踏まえた適切なご支援をいたします。

特許出願・申請をする、という場面では、他人はともかく、自分がそのアイデアを実施できればいいのか、他人にはそのアイデアをとにかく実施させたくないのか、によって、特許明細書の作成内容が変わります。

デザインやネーミングについても同様なことが言えます。

また、権利の取扱い場面では、相手方の権利を回避したいのか、つぶしたいのか、警告を受けているのか、といった様々な場面に応じた適切な対応が必要になります。

実際にお客様の目的や状況の理解の上で、お勧めの対応をご提案いたします。

適正な価格にて、質を維持しつつもスピーディーな対応を心がけます。

特許、意匠、商標の登録に際しては、同じ内容であれば、一番最初に出願・申請した者が登録の権利をもちます。

つまり、やる、と決めたら、スピードが求められます。

一方で、例えば、特許明細書のような文書の作成には作りこみが必要になるので、質を担保するためにはそれなりの作成時間を要します。

このあたり、どのようにするか、が腕の見せ所となります。

お客様にはできるだけ早めにご決断いただけるようにしつつ、最大限の努力で対応いたします。

お問い合わせ・ご相談をされたい方
お問い合わせ・無料相談はこちら

こんなことでお悩みではありませんか?

お問い合わせの多い疑問・お悩みを集めました。

特許・商標のお悩み

私たちはこうやって成功しました

知的財産を使って自社の売上や評判を向上させた方々の例です。

お客様の声
メルマガ会員案内
明立特許事務所
$