メールマガジン

ホーム > メールマガジン > 商標関連 > 真似とは言わせない!ネーミングのツボ 8月23日号

真似とは言わせない!ネーミングのツボ 8月23日号

2022/08/23

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       8月23日号
------------------------------------------------------------

 弁理士の深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第6516951号:「Fi:ne」

 指定商品は、第1類の「製造工程用洗浄剤」です。

 ところが、この商標は、

 登録第5361180号商標:

 地球儀様の円図形の中央に「ファイン」の片仮名が記された帯状
の図形と、当該円図形内で帯状の図形の上部に動物を擬人化した
図形が配されてなる構成

 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2021-007193)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標の

「文字は、辞書等に掲載のない語であって、特定の意味合いを想起
させることのない、一種の造語として認識し、把握されるものである。」

そして、

「その構成中の「:」(コロン)は、「欧文句読点の一つ。」
(広辞苑)であって、文の切れ目や文中の意味の切れ目などに添える
符号であることから、当該符号の前後に配されている「Fi」及び
「ne」の文字のそれぞれに相応した称呼が生ずるものと認められる。」

 そうすると、

「当該文字からは、それぞれ「フィ」と「ネ」の称呼を生ずるから、」

「全体としては「フィネ」の称呼を生じるというのが相当である。」

そうすると、

「その構成文字に相応して「フィネ」の称呼を生じ、特定の観念は
生じないものである。」

一方、引用商標の

「文字部分である「ファイン」は、「美しく立派なさま。見事な
さま。」(前掲書)の意味を有する語である。」

また、

「構成中の図形部分からは、特定の称呼及び観念は生じないもので
ある。」

そうすると、

「その構成中の文字部分に相応した「ファイン」の称呼を生じ、
「美しく立派なさま。見事なさま。」の観念を生じるものである。」

そこで、両者を対比すると、

「両者の全体の構成はそれぞれ上記(1)及び(2)のとおりで
あり、その構成全体で比較した場合には、図形の有無という顕著な
差異があり、また、両者の文字部分だけを比較しても、文字種及び
構成文字も明らかに相違するものであるから、」

「両者は、外観上、見誤るおそれはなく、判然と区別することが
できるものである。」

また、両者の称呼は

「構成音及び構成音数が明らかに相違することから、両者は聞き誤る
おそれはなく、称呼上、明瞭に聴別し得るものである。」

そして、

「本願商標は、特定の観念を生じないのに対し、引用商標は「美しく
立派なさま。見事なさま。」の観念を生じるものであるから、両者は、
観念上、相紛れるおそれはないものである。」

 したがって、

「外観において判然と区別することができ、称呼及び観念のいずれ
においても相紛れるおそれはないから、」

 非類似の商標と判断されました。

------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、構成の一部が引用商標と共通の商標の類似が問題となり
ました。

 一部が共通していても、外観、称呼、観念が異なれば非類似に
なります。

 相違点を創ることが真似とは言わせないツボになります。

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

  編集・発行 深澤 潔
 
を扱っております
************************************************************

お問い合わせ・ご相談をされたい方
お問い合わせ・無料相談はこちら

こんなことでお悩みではありませんか?

お問い合わせの多い疑問・お悩みを集めました。

特許・商標のお悩み

私たちはこうやって成功しました

知的財産を使って自社の売上や評判を向上させた方々の例です。

お客様の声
メルマガ会員案内
明立特許事務所