メールマガジン

ホーム > メールマガジン > 特許関連 > ものづくりのためのアイデア・発想_特許アプローチ 2022.8.24号

ものづくりのためのアイデア・発想_特許アプローチ 2022.8.24号

2022/08/24

2022.8.24号
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■ ものづくりのためのアイデア・発想_特許アプローチ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 このメルマガは、最新の特許公報から実際に特許権が成立した
発明がどのように生み出されたのかといったことの分析を通して、
特許発想法をご紹介するものです。

 新たなアイデア発想の参考にしていただければ幸いです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 弁理士の深澤です。

 今日は、ハンガーに関する発明(特許第7117721号)を紹介いた
します。

●ハンガーの左右のアームを下方に折りたたみ、Tシャツの首の
部分からハンガーのアームを差し入れ、その後にアームを開く
タイプのハンガーがあります。

○でもヒンジ部分の機構が複雑であり、製造コストが高くなります。


       ☆★そこで、考えた!☆★


●夫々の付け根部分に設けられる結合ピン穴に挿通される結合ピン
によって回動可能に係止された2本のアームであって、

○アームの開いた状態の付け根部分に、下向き凸となる曲面部と、

●結合ピン穴の下方の曲面部に形成した係止凹部とを備える2本の
アームと、

○結合ピンの上下方向の変位を案内するために上下方向に延びる
長孔を有する開閉部材と、

●開閉部材の下方に配置された支持ピン穴に挿通される支持ピンと
を有する支持部材と、

○開閉部材の上端に配置されたフックと、を備え、

●支持部材の支持ピンが2本のアームの曲面部を下から支持し、
2本のアームを、開閉部材の長孔に案内される結合ピンにおいて
開閉する

構成にしました。


==============================

 なるほど、そういうことだったのか!(^o^)

 ⇒ 特許発想のヒント ⇒ 早速応用してみよう!

==============================

○開閉部材が引き上げらえる力が支持部材を介して2本のアームを
開く方向の力に変換されます。

●アームを閉じる場合には、支持ピンを係止凹部から外して、開閉
部材を押し下げると、アームは自重によって閉じます。


△▼△▼△▼△▼△▼本日の特許アプローチ△▼△▼△▼△▼△▼

 ・作用を先取りする


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


☆ヒンジ部分の機構を簡単にすることが課題です。

★この発明は、2本のアームを、開閉部材の長孔に案内される結合
ピンにおいて開閉する構造にして自重で動作できるようにして課題
を解決しています。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 今日はここまで(^o^)

 お読みいただきありがとうございました!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 知を使いこなすためにも、発想力をブラッシュアップ
していきましょう。


 編集人:深澤 潔

 明立特許事務所

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お問い合わせ・ご相談をされたい方
お問い合わせ・無料相談はこちら

こんなことでお悩みではありませんか?

お問い合わせの多い疑問・お悩みを集めました。

特許・商標のお悩み

私たちはこうやって成功しました

知的財産を使って自社の売上や評判を向上させた方々の例です。

お客様の声
メルマガ会員案内
明立特許事務所